トラブルを回避して安全な旅をする方法〜旅の安全を買う〜

どれだけ楽しくても、病気やトラブルにあってしまったら楽しさ半減します。 それどころか致命傷になったり、命をなくしてしまうことだってあり得ます。

病気やトラブルを回避する方法は「旅の安全を買う」こと。未然に防ぐこと。

また、そうなってしまった場合に負担を極力少なくするために、保険に入ること。

旅は、わくわくや高揚感ばかりに気を取られがちですが、一番大事にしておくべきことは、安全と健康。そのために備えられるものは、備えておいてください。

私の旅のトラブル&病気

世界20ヶ国以上、移住国5ヶ国の私も、今は健康に生きていますが、それなりにトラブルにあってきました。

ピックアップしましたが、これの倍以上あります。

死ぬかと思った食中毒?赤痢 2006年 インド

上からも下からも同時多発テロ状態の一番辛かった食中毒(赤痢&カンピロバクターのダブルだったかと)

インドの緊急病院で点滴打って安静にして、強い薬をもらって現地にいる間にほぼほぼ治りましたが、帰国してから検査はもちろん行きました。

カンピロバクターだけしぶとく生きていました。他の人は赤痢もいたので、私もいたかもしれません。

初めてのインドで安全も健康もお金で解決していたつもりの時で、このザマです。

物乞いに囲まれた路地裏 1996年 中国

学校の研修で行った中国で、校長先生が一人の人に結構な金額を渡してしまったらしく、バスを囲まれました。

そしてしばらく動けない状態に。報道陣に囲まれる有名人ってあんな感じだろうな・・。

初めての外国だったので、一番の衝撃で忘れられません。その後、もっと過酷な状況を見てきたけど、初めての、しかも10代はじめの女子が感じる衝撃にはかないません。

いかつい主婦にカツアゲ 2013年 バングラデシュ

都会のど真ん中で、いきなり目の前から来た10人くらいのいかつい主婦に肩を押されました。

そして、物乞い開始。物乞いというかカツアゲ。人も多い道路で、周りのベンガル人が助けてくれました。

そのいかつい女性たちは、本当は男性で、そうやってお金を巻き上げるので有名でした。

これは、どうしようもなかった。。

スリ イタリア 2013年

ヴェローナの観光地「ロミオとジュリエットの聖地?」で財布が消えました。私の不注意が大きいけど・・パスポートだけ残りました。

その後、イタリアの友人にお金を借り、家族にもお金を借り、スペイン(イビサ島)行きをキャンセルし、ロンドンの友人を頼り、ロンドンのシティバンクでお金をおろし(パスポートでおろせる)、パリ経由で日本に帰国しました。帰国後、即皆様にお礼を言い、お金を上乗せで返しています。

気を緩めすぎ・・・。

砂漠に放り出される 2013年 エジプト

f:id:clearlist:20171103123746j:plainエジプトの砂漠に行く途中、夜、真っ暗の中バスがパンク。降ろされました。。。何も見えません。周りエジプト人だらけ。しかも男性ばかり。

しばらく待っていたら来たバスに相乗り。と言ってもパンパンなので満員電車みたいな状態で3時間以上。。

隣のエジプト人に軽く痴漢されていた気がするけど、それですんだからいいです。

そのあとも、ガイド2人と丸二日過ごしたけど、犯されるかもわからないし、砂漠だしで楽しみ半減。

ツアーをケチって個人で組んだ代償です。

でも、

エジプトは、美しくて、壮大で、異次元すぎて、感動がものすごかったのでまた行きたい。

ロストバッゲージ 2013年 フランス

その名の通り、日本に帰国したら荷物がありませんでした。帰国時だったので逆にラッキーでした。

重い荷物持って家に帰らなくても良かったので。

LCCじゃなかったらもう少し確率は低いと思います。

飛行機飛ばない 2011年 フィリピン等

LCCトラブルはこの時だけではないです。複数回あります。

その度に、代わりの便を探し、その日に泊まるホテルを確保しなければなりません。

LCCで飛行機飛ばなくても補償はありません。

トラブル回避と病気の予防

トラブルの回避と病気の予防はある程度できます。思いつく限り、できる限りの安全対策はしておくと、楽しめます。

トラブル回避

f:id:clearlist:20171103124657j:plain
LCCは使わない

LCCばかり使っていますが、フィリピン、韓国で飛ばない事態に遭遇しています。まわりでも結構そういう話は聞きます。

いろんなリスクを承知の上ではない限り、選ばない方がいいかもしれません。

・安い交通機関より、高い交通機関を使う

ー例えば陸路のバスは飛行機より格安ですが、時間がかかる代償があります。時間がかかって疲れ、疲れている時は注意力もなくなってトラブルも起きやすいです。安い陸路しか使えないような人も乗っていて、治安もよくないなと思います。スリに遭う確率も上がるなと。

なので私は、安くなくても、快適で、安全で、早い飛行機を選びます。快適、安全、時間をお金で買うんです。

・よくわからないツアーを組むなら、少し高くても評判の良い方を選ぶ

現地ツアーを組むと安いですが、私はエジプトで不快な思いをしたので、治安が心配な土地では、名の知れたところで組めばよかったなと思いました。

・治安の悪い安宿ではなくて、人通りがあって安全なホテル

安い宿ってそれなりの理由があります。宿自体が微妙だとか、風俗街だったとか。治安が悪いほどトラブル率も上がるので、回避したい場合は、中級ホテル以上で治安のいい場所(行く前に調べる)を選ぶ方が○ 安宿(ドミトリーなど)モノが盗まれたりするので、逆に高くついたりします。

・夜中着じゃなくて、朝~昼着便を選ぶ

夜遅くに着く便は安いですが、夜移動は危険で動けないし、疲れるし、結果的にその日の楽しみ半減します。

・襲われたら、あえてぼられる

スリにあったら、追わない。あえてぼられて、命は守ります。南米など人の命の価値が低い国だと撃たれる可能性があります。

これは本当のようなので、お金より命を大事にしてください。

・お金をケチらず、保険に入る

海外旅行保険には入っておく。私もワーホリでも留学でも、旅でも海外に行く時はAIUの保険に入ってますが、病気になった時の費用、カメラ盗難にあった時など、入っておいてよかった・・・と思う場面が少なくありませんでした。

なので、私は保険は入った方がいいよとすすめたい派です。

海外旅行保険のAIU

病気予防

f:id:clearlist:20171103124421j:plain

国によりますが、リスクのある国では、予防接種は打っておいた方が安心。知らない土地で知らない人ばかりの中で倒れるのって、ホント辛いですから。カラダもだけどメンタルも。

私は、黄熱、 A型肝炎B型肝炎破傷風狂犬病、ポリオ、日本脳炎チフスなどなど打っています。

数年かけて、何打ったかわからないくらい何度も打っています。途上国滞在が多かったので。

管理しきれないので、予防接種手帳みたいなのを持っています。いつどこで何を打ったかわかるもの。

日本で打つと高いので、海外で打つ人多いですよね。バックパッカーの方で多いのは、バンコクのスネークファーム。

私も次何かあって、タイに寄れるならここで打つかと。日本で打つと10万は余裕で飛んでいくかと。

健康に安全に旅を

旅は元気に帰ってくるまでが旅。安全に、健康に帰ってきて思い出に浸ってください。

旅慣れている人ほど、無茶をすると思われがちですが、 私は逆に旅慣れている人ほど予防や警戒をしているように見えます。

それが意識的だろうが無意識的だろうが。 無茶はしません。 無茶すると楽しめなくなるからだと思います。

旅の玄人の、冒険的なところを真似するだけでなく、安全や健康対策を真似てもらいたいです。

そして、安全で健康で楽しい旅を^^

スポンサーリンク