ネガティブをポジティブに変える!今すぐできる10の習慣

花屋

南国の真夏(40度)に慣れてきたころ、日本の田舎の真冬(0度)で過ごし、
また寒さに慣れた頃、南国の真夏(40度)のところへ戻ったこの1年間。
体がかわいそうなので、今年の冬は寒くなる前に暑い国に逃げました。

せっかくの旅行なのに、移動疲れからか気分がいつもより上がってきませんでした。
時間があるのを満喫できず、ボーッとする日々に焦っていたりもしました。
(半月は完全ノープランのスーパーフリー)
で、出歩くと暑すぎてクラクラ、何だかどうしていいかわからなくなってました。
が、一つのところに居座って1週間を経て、ようやく気分がよくなってきました。
ネガティブ解放を意識して1週間続けてきたことが以下の10個です。

ネガティブ解放のために今からできる簡単な12のこと

ネガティブを断つ方法1:早寝早起き

日の光とともに起きて暗くなったら寝る、というだけです。
人間が長年これで過ごしてきているので、この自然な生活リズムですごせば、体が一番のコンディションを発揮できるはずです。
寝れないなら、薬に頼ってもいいのではないでしょうか。
寝れないのは、充電ができないってことなのですごく辛いと思います。

ネガティブを断つ方法2:たっぷり寝る

満足できるまで寝ました。
寝すぎはだるかっり頭痛、腰痛をになります。人によってベストな長さはきっとそれぞれです。
自分のコンデションを見つけてください。
私は9時間くらい。23時ー8時前後がどこにいても変わらないいつもの感じです。

ネガティブを断つ方法3:太陽を浴びる

憂鬱な時は太陽光が効果的とはよく言われます。
夏は元気でも冬は気分が乗らないっていう人が多いのは、日照時間だと言われています。
積極的に日の光を浴びるために、特に朝、30分から1時間ほどの散歩や日向ぼっこをします。
そうすると体も起きる気がします。

農業をやる人はあまり鬱な人を聞いたことがないですが、1ー3のことを自然としているからだと思います。

ネガティブを断つ方法4:したいことをする

財布の紐がゆるまっても、したいことをしました。
癒されたかったのでアーユルヴェーダのマッサージをしていました。

ネガティブを断つ方法5:したくないことはしない
逆にしたくないこともしなかったです。
例えば、せっかくリゾートの海にいるのに海で遊ばないともったいない気がしても、暑すぎるし気分も乗らないのでやめました。
今も昼のビーチにはいきません。
朝と夜のこのビーチの方が好きで、充分満喫していると思うので、海水浴をやめました。
いくら旅行でも、ガイドブックをに載ってるからと疲れているのに、気分もよくないのに、世界遺産に行かなきゃ、行くべきと行ってせかせかするのはもったいない気もします。
好んでするならいいですが、リラックスする旅なら、すべき、しなきゃ、は捨てていいと思います。
それが癖になったら通常の生活からもすべき、しなきゃは消えていき、リラックス上手になるのでは?

ネガティブを断つ方法6:体を動かす

無理のない程度です。
私はヨガをしようと思いましたが、情報を得たクラスが2時間と今の私には長すぎるくらいだなと思えたので、一番簡単なことにしました。
それはウォーキング。1時間くらい浜辺を歩きます。
そして、その後、気分によって~1時間くらい踊っています。
ウォーキングでも充分だなと感じています。

スポンサーリンク

ネガティブを断つ方法7:自然に触れる

なんとなく自然の中にいると、自然を感じると充電されます。
根拠はないですが、元気になるのは誰もが感じるのではないでしょうか。
私はビーチ沿いのホテルにいる今、浜辺を裸足で歩き、その後、日の入を見ています。
日本にいた時は、小山の上の公園へ行き、季節の移り変わりを感じていました。
たまに木にさわってみたり、木や植物の細かい部分を観察したりして感じていました。

ネガティブを断つ方法8:今を意識する

今やっていることに集中します。ヨガでも瞑想でもこれをしますが、生活の中でするのです。
なかなか難しいと思うので、◯◯をやってる時だけ!と一つ決めて、その時間はそれだけに集中するようにします。
私の場合は、ヨガをする時はヨガの時間が集中する時でしたが、今はウォーキングでそれをしています。
砂浜の感触、海の水が当たる感触、風がまとう感触、海のにおい、聞こえる音、見えるもの・・その時の感覚を観察します。
以外と情報量は多いですが、飽きないし、気持ち良いことが自覚できて、思考があっちこっちいきません。
過去のことを思って切なくなって(戻りたいと思って)いる今は、同じように思っている未来の過去、だとしたら、今を思いきり感じないともったいない。今を思いきり満喫していたら、きっと未来にこの日を後悔することはないはずです。

ネガティブを断つ方法9:ポジティブにいようとする姿勢を持つ

ネガティブが癖になっていたので、去年良いと思えることを最低1日10個見つけて書き出すということを半年続けました。
今は書き出すことはしていませんがポジティブな方を意識的にみるようにしています。
ネガティブな方をみる癖がかなり改善されたと思います。
自然と自分の求めない方にも行かなくなりました。ネガティブな方を見て、ハッピーになる事はありえません。

ネガティブを断つ方法10:リラックスする時間を持つ

毎日リラックスする時間があります。毎日張り詰めていたらいつか切れちゃいます。
そうならないために、自分をいたわってあげます。
今の私はここにいることがリラックスしていることなので必要ないですが、ハードワークをしている時ほど意識して作りたいなと思います。(今後もうそんなハードに働くつもりはないですが)

多くの項目を一気にクリアするウォーキング、かなり優秀。
そう気がついて、歩くの嫌いだったのが、好きになりそうです。
気持ち良いと思えるようになってきたし、どこで過ごそうともパワーが足りないと思ったら歩いてみようかなと思います。

先週までの私はこんな陽気なところにいるのに何で?っていうくらいネガティブになっていて、ホテル代は全額払って戻ってこないのに移動しようかなとか、満喫できないなら帰ろうかな、とかも思ってました。
それが今は、今日もいい日だったと満足し、毎日みるカッコ良い人に声かけようかなと明日の期待も持っています。笑

きっと普段の生活でもこれらを続けられたら、気分よく前向きかつ健康に過ごせると思います。
気分よくないけどどうしたら良いかわからない状態のとき、できそうな簡単なものを続けてみてください。
きっと良い方向に行くと思います。
そのとき、絶対自分は良い方向にいっていることを信じてみるとより効果的です。

スポンサーリンク